格安SIMの特徴を把握する

格安SIMは安さが大きな特徴ですが、そのまま大手と全く同じように使えるものではないので安いという話だけで利用すると失敗することもあるため、どのような違いがあるのか把握しておきましょう。

通話の品質は大手の設備を借りて運営しているので格安SIMだから繋がりにくかったりノイズが増えるなどの不便を被る心配はありませんが、料金プランの比較は必要です。

大手は基本的に無料通話分が含まれていますが格安SIMの最も安いプランは利用しただけ料金が発生するため、通常の通話が多いと高くなる場合があります。
そのため、通話アプリを使うなどして安くする方法も合わせた方が良いでしょう。

データ通信の最高速度もLTEに対応している端末を使っていれば大手と変わりはありませんが、常に維持されるわけではありません。


自分が使い過ぎたことによる制限ではなく、格安SIMが大手から借りた容量しか使えないために同時に通信している人数が増えると速度が抑えられてしまうものです。

会社や学校が昼休みになる時間や夕方などは一斉に利用されるので速度低下の影響が大きくなります。



端末は様々なものが利用できますが、契約している格安SIMに対応しておらず使えないケースもあります。
指定された端末を使用するプランであれば問題ありませんが、自分で好きなものを選んで使いたいのであれば対応端末は記載されているので確認してから購入しましょう。



また、制限のないSIMフリーの端末もあります。