製菓専門学校の男女比率

お菓子が好きで自分でも作りたいというのは男性でも女性でも変わりません。きちんと製菓専門学校へ行ってパティシエになりたいという夢を持っている男性も多いですが、いざ進路に選ぶとなると学校に女性しかいなかったらどうしようと不安に感じる方も意外にたくさんいます。多くの製菓専門学校で年代、性別を問わずに生徒たちを迎えていますが、やはり学校に学びに来る比率としてはどちらかというと女性の方が多いようです。男性は2~5割、女性が5~7割ぐらいが平均的ですが、昼間部は女性が多めで夜間部になると男性が4~5割程度と少しだけ増えることもあります。

年度によっても変わりますが、やや女性の割合の方が多いものの、同じ大好きなお菓子について学ぶ仲間として過ごすので気にせずスクールライフを楽しめます。きちんと製菓専門学校で基礎学力や技術を身に着けた上で仕事をしたいというのは自然な願いです。オープンキャンパスや授業見学などに参加していると、男性の先輩もちらほら見かけて心強く感じられます。卒業後の実際の現場でも、貸し業界は材料もかなり重いものが多くなりますし、作業も体力や腕力を使うこともあるので、男性だからこそ活躍できるシーンというのはたくさんあります。

カフェや飲食店の開業に合わせて学びたいという方もいますから、男性だからと諦める必要はありません。男女の性別や年齢関係なく学びやすい環境をどの学校でも整えていますので、夢への一歩を踏み出して勉強を頑張りましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です