保育士の資格を専門学校で取る

保育士の専門学校では、卒業することで資格を取れる学校が数多くあります。一番早いのは厚生労働省に指定された養成学校を卒業することですが、指定のない併修校では厚生労働省の指定を受けた短大のスクーリングなどを同時に受講し、卒業しなければ得られません。その場合、短大卒の学歴も同時に得られます。短大・4年制大学でも卒業すれば得られますが、厚生労働省の認可を受けていない学校の場合は、国家試験を受けて合格することで資格を得られます。

保育士の専門学校は、自分に合ったコースを選べるのがメリットです。2年制・3年制のコース、昼間・夜間のコースなど様々なコースが用意されているので、働きながら学ぶこともできます。また、保育施設を運営している学校では、保育現場での実践力が身につく教育を行っています。そういった学校では、卒業後に運営している保育施設での就職がしやすいところが魅力です。

この仕事に一番必要なのは、やはり体力と持久力です。元気に動き回る子供を常に見守り、抱っこしたりと、かなりの体力を消耗します。そして、子供と一緒に遊ぶことが好きで、子供の気持ちをくみ取る感受性を持ち合わせていることも必要です。健康管理の面も重要で、これらのことを学校でしっかり学びます。

受講する学校やコースによって違ってきますが、保育士の資格以外にも専門学校で幼稚園教諭二種免許や、社会福祉主事任用資格などを取ることもできます。学校で実施されているオープンキャンパスに参加することで仕事体験ができるので、そういったものを利用し、自身の目的に合った学校選びをしたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です