保育士の専門学校で学ぶこととは

保育士になるには国家資格が必要ですが、厚生労働大臣が指定する4年制大学、短大もしくは専門学校において全てのカリキュラムを修了することで試験が免除されますので、特に転職を希望する人にとっては専門学校が適していると言えます。国家資格取得後の転職先としては保育所が一般的ですが、そのほかにも母子支援施設や乳児院、児童家庭支援センターなど活躍の場は広がっています。専門学校では、いわゆるピアノや工作といった実務に関する授業が主たるカリキュラムとして考えられがちですが、実際には子供たちがすくすくと成長する過程において必要な他者とのコミュニケーション力の醸成や保育理念、一般教養といった座学に関するカリキュラムに力を入れている学校が増えています。そして、ある程度の基礎を学んだ後は実際に保育所などで実習生として子供たちと実際に触れ合うことで、保育士としての自覚を促していくのです。

待機児童の問題が頻繁に取り上げられていますが、保育士の人材不足も極めて深刻です。その理由の一つに、長時間労働であるため、育児や介護と両立できないというものがありましたが、最近では短時間社員やパートなどの雇用形態も取り入れられるようになってきましたから、働きやすい職場となってきたことは事実です。しかしながら、保育士の仕事は単に「子供が好き」では務まらない職業です。専門学校では保育士の厳しさと同時に、やりがいも教えてくれる場所ですから、本気で転職を考えるなら専門学校は最良の選択です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です