蛇口の水漏れは部品交換の修理で直せます

よく使用する蛇口は古くなると音が出たり、きちっと水が止まらなくなったりします。力一杯蛇口の栓を閉めて水漏れを止めても数日過ぎるとまた同じような状態になり繰り返しが続きます。そのうちにどうしても水漏れが止まらずに流れっぱなしになると、水道料金も気になり始めます。修理方法は二つで、蛇口ごとそっくり交換してしまうか、もしくは分解してパッキンの交換をするかです。

蛇口もデザイン的にすばらしいものがあり、魅力的です。水道だけの単水栓と温水も出せる混合栓があり、シャワーになるような機能的なものを見ると、すぐに取り付け交換したくなるものばかりです。蛇口の交換は、水道の元栓を止めてから取り外して交換すれば終了です。パッキン交換はパイプ部分をゆるめて取りはずせば簡単に分解できるので、古いパッキンを引き抜いて新しいのを挿入します。

パッキンのサイズは数種類あるのでサイズの確認が必要です。パッキン交換が終了して、元栓を戻せば修理完了です。たいていの場合これで流れも良くなり水もしっかりと止まるようになります。数日経過しても水漏れが起きる場合は修理業者に連絡してください。

修理業者を選ぶ時は、その地域の水道局が選んだ指定業者、もしくは確認・見積もりに来た業者を見て、説明がきちんとできているか、わかりやすい見積もりを出しているかの確認が重要です。見積もり後の部品交換や追加工事などがあると最終的に高額の支払い請求が来るので要注意です。緊急事態の場合でも深夜料金や早朝料金の請求は普通ありません。また、支払い方法においても現金支払い・銀行振り込み、また各種カードでの支払いが可能かを確認すれば、その会社の規模や信用度がわかります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *