蛇口の水漏れを自分で修理するには

キッチンや洗面台の蛇口からの水漏れは、水道代を圧迫することにつながるのですぐ対処しなくてはいけません。しかも、ひどい漏れの場合床が水浸しになってしまう危険も。掃除や家具の修繕など、余計な手間もかかってしまいますからできるだけ早く直したいですね。水道のトラブルだと、業者にお願いするのが一般的です。

でも突然の急激なアクシデントの場合は、せめて応急処置だけでも自分でできるようになりましょう。水道の蛇口から水漏れがしだすまで、個人住宅なら建設して10年が目安と言われています。水道の金具等は永久に耐えられるものではありませんから、いつかは修理が必要になるということでしょう。忘れていた頃に突然故障してしまうということもよくあり、日常的に気をつけておかなくてはいけない問題でもあります。

水道の金具は2種類あり、それぞれハンドル型とレバー型です。ハンドル型にはナットやパッキンが複数取り付けられていて、水が吹き出しているとしたらどこかの部品が劣化しているのかもしれません。型番などを調べてホームセンターで代替品を購入しましょう。レバー型には、スパウトと呼ばれるノズルと本体の接続部分があります。

レバー型の蛇口から水が出ていたら、この部分が劣化していることが多いようです。修理するためには、スパウト付近のパッキンを取り替えるのがもっとも手早く澄みます。ハンドル型のように同じ形の部品を使って取り付け直すと、致命的な故障のまえに蛇口を修理することができるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *