蛇口の水漏れの修理は対処図を確認すると簡単です

住宅内にはいくつかの場所に蛇口が取り付けられており、どの場所でも欠かせない存在です。新しい内には快適に使うことが出来ていても、後に劣化によって水漏れが起きてしまうことは良くあることです。修理作業は水のトラブル専門として営業をする会社があるので、ネットから検索をしてみてお住いの地域を担当する複数の会社から比較する方法が最も安全です。蛇口の水漏れは意外と簡単に修理できる範囲が多く、対処図というものを確認すると工具さえあれば素人でも直せる可能性も否定はできません。

対処図は各種類の蛇口において、水漏れを起こしている箇所を確認すると、交換が必要なパッキンの場所と種類まで図面で分かりやすく表示しているものです。ネット環境があれば、パソコンからでも探すことはできますが、大手ホームセンターではDIY用に出入口付近で冊子を無料配布しているお店もあるので図面の入手は簡単です。自主的な修理で注意が必要なことはあり、パッキンは非常に種類が豊富なので若干のサイズ違いでも異なるものを購入すると適合できずに水漏れは止まりません。この対処法は、先にパッキンを外してから、ホームセンターに持ち込みをして、同規格で完全一致するサイズの汎用パッキンを探せば問題は解消できます。

単水栓やハンドル式の混合栓であれば、このような手段で自力解決できますが、それ以外の蛇口で分解すらままならない場合は、破損させてしまう恐れがあるので最初から修理会社に任せることは正しい判断です。このような修理会社は、豊富なパッキンを在庫として車内に積載しながら仕事を行っているので、調査と見積もりの提示後には、その場で直してもらえます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *