自分でも蛇口の水漏れ修理はできる

蛇口の栓(ハンドル)を閉めても、水が出る吐水口から水が滴り落ちる場合がありますが、これは閉め方が甘いという訳ではなく水漏れが起こっているのかもしれません。きつくハンドルを閉めると水が止まるから大丈夫だと思っていても、実際のところは内部のパッキンが劣化していることが多いです。きつく閉める回数が増えれば増えるほど、より力いっぱい閉めなければならなくなります。そうなると蛇口本体が破損することがあるので、すぐに修理をすることをおすすめします。

蛇口の水漏れ修理は、パッキンの交換など簡単なものなら自分でもできます。行う際はモンキーレンチや小さなドライバー、ピンセット、そして新品のパッキンが用意できれば可能です。事前に水栓を分解し、どの部品が劣化しているのかを確認する必要があります。分解しても元の状態に部品をセットできるようしっかり覚えておくか、写真を撮っておくのも有効です。

パッキンはホームセンターで売られており、数百円程度で購入できます。修理を始める前には、水道の元栓を閉めておく必要があるので忘れないようにしましょう。蛇口の水漏れは素人でも十分に修理できるものですが、中にはDIYが得意でない人や器用でない人もいるでしょう。自分では難しい場合は、水道会社に電話をして来てもらう方法が一番確実です。

蛇口の水漏れ程度であれば、数万円といった驚くような修理費用は掛かりませんし、スピード解決が実現します。重要なのはどこの水道会社にするかということですが、比較サイトなどで料金の目安を確認したり、口コミを参考にしたりして選ぶと失敗もないでしょう。蛇口の漏れの修理のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *